2030-12-24

きっと



きっといつか、おそらく何百年か後のこと。
インターネットは想像もできないくらい進化してしまっているけど、人類在る限り健在だと思うんだ。そうするとね、未来の考えられないくらい膨大な容量のサーバクラスターの中に、果てしなくクロールやミラーリングを繰り返してコピーされた過去のコンテンツの残滓が澱のように沈殿するに違いない。
数百年後の世界では、そうした古いデータはとても貴重なので、考古学のようにそれらのデータを発掘して研究する学者なんかが存在したりするんだ。
昔あなたが初めて作った全部センター揃えのしょっぱい趣味の「ホームページ」から、生々しいSNSのやりとりまで。サルベージされたデータを眺めて未来の人は「昔の人も大して変わらんのだなあ」なんて思ったりするのかもしれない。
たぶんその中には痛いネトゲ日記みたいなものもあるし、誰かがFrickrに上げたSLのスクショなんかもあったりする。SLだって「ああ、これがフルダイブ仮想世界のそもそもの元祖だったのか」なんて過大評価を得ることになるのかもしれない。
つまりなにが言いたいというわけでもないのだけれど、頭の片隅でそういうことを考えながら今日も飽きずに、私は割と元気にPCの前に座っているのです。
こんなことがいつまで続くのか私にもわからないし、何百年後にはもう私たちはいないけれど、どうかあなたの今日のバーチャルライフが実り豊かなものでありますように。

では今晩のところはおやすみなさい。











2018-04-16

さいきんのかいもの


基本、catwa+Maitreyaという、長いものには巻かれろ的な選択が一番ラクで選択範囲も広いわけです。服を作る上でも、市場占有率No1のMaitreyaに絞ったほうがいろいろ良いのも事実でした。それにCatwaにはTalaちゃんヘッドがあるしね!
というわけで、他のメーカーのものとかちゃんと見ていなかったのですが、最近どうも6DOOのManga headがかなりいいのではないかと。
リアルとデフォルメの間くらいのイメージで、ドール的な造形が素晴らしいのです。久々にアバター改造に熱くなりました! 対応スキン・メーカーがが少ないのは残念なのですが、このヘッドにばっちりなドールっぽいスキンもあったんですよね~。さっそく、簡単なチークのアプライアを自作したりして遊んでます。
こんなにヘッドが可愛いなら、スキンなどを作ってみても楽しそうかも! などと身の程知らずに妄想してみる今日この頃です。

することがないならすることを作ればよいという話


することがないので、またお店(カフェ)を開くことにしました。
さいわい、服以外なら何か作ってもいい気分になってはいたのです。
ずっとSLで高解像度マイクラを楽しんできたわけですから、自分の趣味に染まった空間を作る箱庭遊びが楽しくないわけもなく、ぼちぼちと作り始めた内装やら家具やらが、ある程度揃い始めたところでオープンしてみました。
今回はなるべく自分で作るということを自らに課しています。
方向性さえ決まってしまえば、欲しいもの、必要なものがどんどん出てくるので、わりと楽しくお店を作れました。うさこカフェで必要な趣味に走ったものを自作し、それがアガットの店の商品にもなるという一石二鳥的なスキームも良いのです。しかもこういうかたちだと、自分のモチベーションだけで制作できるのが悪くないかんじ。とりあえずのところ、

・ヴィンテージ雑居ビル風店舗スカイボックス
・アンティークのアーチ型書棚(1870年くらいの仏製)
 と、そこに入る画集&カタログレゾネ
・既存カウンターの改修
・直菅式照明器具の改修
・スツール
・エスプレッソマシーン&コーヒーカップ
・ヴィンテージ・オーディオ機器(未完)

などをコツコツと作りました。今回はわりとがんばってるほうだと思います。
あと、Shoutcast serverをレンタルして音楽を流す試みなどもしてみています。

まあぶっちゃけあんまり人来ないんですけどね!(白目)
でもたまに来てくれるお客さんといろいろ話せて楽しいのも事実です。
万が一ご興味あれば、日本SLの交流関連デファクトスタンダード「すりんく」にてお確かめの上、お気軽にご来店ください。中の人が喜びます。
ちなみに開店はクッソ深夜のことが多いです。

http://stellavox.wixsite.com/cafe-saihate


2018-02-23

本来SLは本質的に気持ち悪いものだったと思う、今も。

SLは楽しかったし、いまでもたまには少しだけ楽しいし、素晴らしいクリエイターの素晴らしい作品や商品にはちょっとワクワクさせられる。
でもそれと同時に人間の想像力が無限ではないのだという現実を突きつけられる。
そして気持ちの悪い何かが常にその裏側に、いや見えるところ、至るところ全てに偏在している。デジタルでできたクリーンな仮想空間なはずなのに、たまにものすごく気持ち悪いものが見え隠れしているのはどういうことだろう。メインランドの荒廃した土地に立ち並ぶ原色で狂ったプロポーションの積み木や、生理的に嫌悪感を感じさせる崩れたバランスのアバターを見かける度に、神経を逆撫でされるようなおそましさに襲われるのはなぜだろう。
だからそれに抗うように、なるべく綺麗で愛らしい可憐なものが作りたかった。
でもその試みはことごとく失敗した。
だって絵すら描いたことの無いただの不器用な文系一般人だしね?

アカウント登録をして、初めてSLでリアルの友達と待ち合わせたのは世に言うSLバブル期の「じゃぱらんど」だった。そのあまりのひどさに友達と笑いあったものだったが、その稚拙さの裏に貼りつく妙な気持ち悪さに気がついてからはあまり笑えなくなった。
なんでも表現できる(本当はできないのだけれど)世界は本質的に混沌を呼び覚ます。そしておそらくは原初の幼児性のようなものを呼び覚ます。いい大人が子供に帰って異形の姿ではしゃぎまわる世界。
ホラー映画のステロタイプで、幼児性が恐怖に変換される文脈があるじゃないですか。幼児の描いた稚拙なクレヨン画が逆に凄惨な場面を演出する、みたいな。あれにすごく近い感じがして怖くなることがある。
あとあれだ。
昔のカメラ付ガラケーの写真をさらに圧縮したときに、物体のシャドーがものすごく汚らしく見えることがありましたよね。可愛いあの子がホラーに写るっていう。
あの気持ち悪さにこの世界は似てる。

だからFrickrでものすごく綺麗なSS撮ってる人とかは、そういうものと常に戦ってるに違いないと思ってる。そして勝手に味方を見る思いでシンパシーを感じている。これはたぶんエントロピーとの戦い。
彼我の差は等比級数的に加速している。状況悪すぎ。

どこかの天才がこのデジタル版「不気味の谷」を超克する日は来るだろうか?











2017-11-19

3歩進んで2歩下がる


インスタ始めて3日で挫折! こんばんわアガットです。
寒くなってきたので私としてはそろそろ「着る寝袋」を引っ張り出さねばならない季節なのですがみなさんお元気ですか?
ここしばらくSLでなにか作るのが再び楽しくなっているので、いろいろ作りかけては放置という流れが加速しています。そんな中、1年くらい前にモデリングだけして放置していたお洋服をリサイクルしています。確かZUCCaみたいなテイストの服を作ろうと意気込んだものの、途中からもうZUCCaとか関係なくなってきて子供服みたいになった挙句に、ブラウスと吊りスカートのレイヤード故にウェイト塗りに挫折したという経緯でした。(ていうか作る服作る服、意味としては全部同じじゃね?という気がしないでもないのですが)それがなんで再トライの対象になったかというと、PC内の整理してて、中身がなんだかわからなくて開いてみたらこのモデルデータだったんですね。せっかく開いたのでちょっとウェイト塗ってみたら、なんか普通にいけたのでそのままここまで来たと。
重なってるとこがどうやってもはみ出すので1度は諦めたのですが、たぶんスキルが少しだけ上がって不可能が可能になったようです。天才か!
ただ、作ってる途中にいろいろ思いつくタイプなので作業が遅遅として進みません。最初は無かったポケットをつけたり、リボンつけたり…。しかもすぐ飽きるので少しずつしか進まないから完成が一向に見えない……。まあ好きでやってんだからどうでもいいのかもう。一応進捗の記録としてSS撮りましたが、現状ではここからさらに数ヶ所改修した後に元に戻したりしてます。3歩進んで2歩下がる。
進んでるならいいのか。

え? 軍服ワンピですか? 
来年くらいにまた手をつけるかもね!

2017-11-09

うちのおみせのカウンターがわりとカオスな件


気がついたらプレイしてるネトゲの世界に転生してた! 的な、なろう小説ラノベみたいなことが起きたと仮定して、それが仮にSLだったら大惨事じゃないの? とか思わないでもないアガットですこんばんみ。
ブログもネトゲもわりと続けることに意義がある、そんなことを思ってまだ続けています。ちなみに私のリアルの知り合いで、FF11を誰とも交流することなく釣りだけ8年プレイし続けていた偉人がいます。まあこっちはSL10年だけどな!
10年もやってるといろいろ混沌としてきます。作業場とかはもうバーチャルゴミ屋敷みたいになってるんですけど、おみせのほうもいろいろおかしなことになっているんです。うちの場合もっとも顕著なのがカウンターまわりです。今回はここについて解説をしておきたいと思います。よく外国の方が頭の中「???」状態でこの前に立ち尽くしているのを見かけます。こういう人は大抵なにも買わずに30分くらい店内に立ち尽くしているだけです。帰れ!

●コスプレ服
初音ミクと「けものフレンズ」のサーバルちゃんの非売品コスチューム。どちらも未完成。発作的に作りたくなって勢いで作って放置するパターンです。キャラが好きで後先考えずに作るので売るつもりはないのです。完成に近づくと興味がなくなりますが、せっかくなので飾ってあります。オタクとかじゃないから!

●NO FUTURE BUT I HAVE PS4 NOW
Blenderを触り始めた頃、ちょうどプレステ4を買ってFallout4をやってたので作りました。当時の心の叫びです。まだレンダリングもまともにできてない頃のものなのでクオリティが低いですが売ってます。そしてたまに売れます。こんなの買ってどうすんだろう……

●こえだヘア
7~8年くらい前にスカルプで作ったズラです。1プリムです。一応売ってますがここ5年は売れたことがないです。しかもぜんぜんこえだちゃんっぽくない。

●かばんちゃんの帽子
この帽子に付着していた毛髪からかばんちゃんが生まれたんですね……

●ズラつきかぶりもの
いつ完成するんだろうなあこれ……そもそももう作業してないけどNE!

●Gravity Dazeのずさんすぎるパッケージ(素プリム)
いやほんとこのゲーム好き。狂おしいくらい好き。好きすぎてどうしていいかわからないので作りました。来年明けくらいにネットのサービス終了しちゃうと聞いて1日寝込んだ。

●レジ
カウンターだからレジ欲しいなと思ってたら友達がくれました。ちなみに友達は少ないです。ほぼいないも同然です。これはいいレジです。

●ひよこバッグ
祭りのために作ったものをいつまでも売っています。「作ったらなんでもかんでもとりあえず売りゃあいいんだよ!」という今はもういない友達の教えを守っています。台湾に行ったらこんなかんじのデザインのハンドソープを売っていたのでインスパイアされてつくりました。台湾楽しいよ!

●アガット音楽コーナー
ジャンルの偏りが異常。クリックすると聞けるようにしてありますが聞いている人はいないです。ちなみにおすすめは右上の「かめりあ feat. ななひら "NEKO*CHEF"」ですがなぜかチップチューンのremixバージョンに飛びます。オタクとかではないですが「ななひーです!」っていうのほんと好き。あとこの人、ロリ四天王の一人、通称「北のロリ」と言われているそうですよ! なんか超かっこよくね!? それにくらべたら他のDubとかわりとどうでもいい。

どう考えてもこれ、完全ガチオタじゃねえか!


2017-11-05

Avastar


うちのPCのAvastarの挙動がおかしくて悩まされてます。
そもそもがウェイト塗りまでをblender2.69で作業して、モデルデータを完成させた後に、2.7系統でCyclesでのレンダリングをするというへんなことをずっとしてきました。(2.7以降だとシェイプキーのエラーが出ちゃうとかなんとかで、それを回避するためでした)ところが最近、一度塗ったウェイトを再度開いて塗ろうとしてもできなかったりするという謎の現象が発生しております。Avastarのバージョンも確認して再インスコしたりしてるのですが改善しないのです。
実は別のHDDに過去のシステムがそのまま残っていて、そこにあるblender2.65+Avastar1.1.1010を起動すると完璧に作動しており謎が謎を呼びます。全く同様のバージョンをSSD上の現システムに構築しても上手く動きません。
今作っている上のコート的なもの(一時期話題になった軍服ワンピです)のウェイトは終わっているのですが、もうちょっとシワ彫ろうと思ってもsubdivideもsolidfyも効かなくなってて先進めない! おそらくは環境の問題なので人に聞いても解決しないし、そもそも友達あんまりいないし……。
そう、そもそもなんか人減ってる気がするんですよね最近!
総人口は変わらずなのかもですけど、日本の人がどんどん減ってる気がするな~。
もっとも増える要素も皆無なわけで。
メッシュのオブジェクトをそのままアップロードして、ゲーム的世界で売ったり買ったり使ったり眺めたり住んだりできるものが他に無いのでいまだにやってますけれども……。

そういえばSansarはどうなったんですかね結局。




2017-10-15

Studded Collar


amazonとヤマト運輸の決裂で実生活に支障きたしまくり!
こんばんわアガットです。ほんと困っちゃうワ~……
もう可能な限りヨドバシドットコムに切り替えてこうと思うの……
そんな中。なんで唐突に付け襟とか作ってんだよ、っていうツッコミは無しで。
なんかかわいいガチャの服セットがあったのでコンプしたわけだが(マケプレでな!)
たぶん作った人が最後に力尽きたらしくチョーカーだけが適当だったのだ。
きょうび実生活でチョーカーをする局面があるのかどうかよくわからないのではあるが、ここはインワ。首元を飾るなにかを自作する必要性に駆られたのは確かだった。困ったら自作、欲しくなったら自作。
アガットはもうずっとこうして暮らしてきたのだ。
そして完成したのがスタッズだらけの革付け襟というフェティッシュな謎アイテムである。
リアルでスタッズごっそり付いたベルトとか欲しいな~と思って、プライスみて仰天! その理由が今回わかっちゃいました。スタッズを手で1個1個つけてくの大変だわこれ。3DCGでも大変だったわ。むしろ3DCGだから? 
うさみみ以来、キラキラしたもの作るのが楽しくなったっていうのもありますが、わりといいかんじのスタッズになったんじゃないかと自分では思っとります。スタッズの種類が変わったり、XYZ軸ごとに任意のリサイズができるHUDも作りました。私の家賃の足しにどうかご購入いただけるとありがたいです。


2017-09-22

Usamimi Alice band


先日の「ひよこバッグ」に端を発して、いろいろ作りたくなってしまいました。
ワンピを作って、バッグも作って、ズラっぽいものも作って、アクセも作って、最終的にはコーデまるまるワンセット作りたい! という私にしては割と壮大な計画の一環としてまず、謎のうさみみアクセをリリースします。
今回のは金属+リボンというコントラストのあるマテリアルだったので、光沢や質感など、自分なりに楽しんで作れたと思います。あとせっかくなのでHUDもちょっと頑張って、いつものテクスチェンジの他にリサイズの機能を追加してるんだ! XYZ軸を任意に選択して拡大縮小できるので、アレンジもしやすいかと……。
店に現物も展示してあるので、ご興味あればぜひ!
カチューシャ的なものを英語でなんと言うのか改めて調べていたら、”Alice band”というのがあったので名前はそれにしました。だってKawaii感最強じゃないか!
まあ普通にSLやってる人にはいらないアイテムではあるんですけどね……。

2017-08-30

HIYOKO


SLの伝統として、どういうわけか空いてる土地にやぐらとか置き始めて祭りが始まるという意味のわからない遊びが定着していますがみなさんお元気ですか?
ご多分にもれず、わがミナルーシュも毎年そういう雰囲気になるのですが、今年はいつに増して祭りが本格的です。そもそもが人の土地なのに。
で、屋台に楽しげなフリーのものとかをみんなで置き始めたので、私も同調圧力に屈して作りました。
ひよこバッグ。
問題は他のみなさんがフリーでいろいろ置いてるのにも関わらず
これには値段がついているというところです。
50リンドル出してひよこバッグ買うか?という話ですし、そもそもなんでひよこなのか自分でもよくわからないです。よく考えたらあんまり祭りっぽくもないです。

ひよこグッズが好きで集めてるという奇特な人がいたら是非買ってやって下さい。
アガットの中の人が喜びます……。